自動車税を滞納しているときの車検

自動車税を支払っているという証明となる書類は車検の際には必ず必要となりますので、当然自動車税を支払っていない人は車検に出す事もできません。

車検に出せないということは当然その車は公道を走ることもできません。

もしこの違反が見つかった場合には12点の減点で一発免停。
ほぼ免許取り消しに近い数字ですね。

さらに1年以下の懲役又は50万円以下の罰金などの懲罰もつきますので、結局自動車税、車検費用を足しても全然足らないという計算になることになります。

自動車税は滞納をしてしまっても、その車に乗りさえしなければ期日通りに支払わなくても払えるものですが、その時期によっては当然延滞金もつきます。

どうしても自動車税が支払えないという場合は、やはりその車を廃車にするしか方法はありませんが、やはりできるだけ車を持つのであれば、自動車税、車検費用は賄えるくらいの余裕は常に持っておくようにしましょう。



このページの先頭へ