ユーザー車検って何?

車検費用を抑えるために、意外と多くの人が行っているのがこのユーザ車検です。

ユーザー車検と言うとあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、簡単に言うと車検のチェックを行っている検査場に自分で出向き、車検に必要なチェックをしてもらうというものです。

業者さんに普通はやってもらう車検を自分でやってしまおうということですね。

このユーザー車検の場合は当然業者さんに支払う「車検手数料」が掛かりませんので車検費用を安く抑えることができます。

しかし、費用が安くなる反面その分自分で陸運局に出向いたり、書類なども自分で用意しなければならないなどの手間が圧倒的に増えますので、手間をとるか安さを取るかというのは人によって意見も様々になってくるでしょう。

また、ユーザー車検はやってみたいけど、何か難しそう。。

車検費用は抑えたいけど、そう考えてしまう方も多いかもしれません。
そういった方は諦める前に、ユーザー車検の知識を多少勉強して、本当に難しいのかどうかを確かめてみましょう。

やってみたら簡単だった、というのはよくある話ですからね。

どれ位安くなる!?ユーザー車検

ユーザー車検

一般的に業者さんなどに車検をお願いすると、必ず支払わなければならない法定費用以外に1万5千円から3万円程度が手数料として掛かります。

ですので、自分で車検を行うユーザー車検ではこの手数料分が丸々安くなるということになります。

この手数料が安いのか、それとも割高なのかというのは人によってそれぞれ意見があると思います。
それを知るために一度ユーザー車検をやってみて自分で確かめてみて、そこで手数料が割高であると判断してみるというのも良いかもしれませんね。

ユーザー車検の注意点

ユーザー車検では費用を安く抑えることが出来る分、自分の車を自分で管理することができているという自己責任も大事になってきます。

車検といえば当たり前のことですが、検査をするということですので、当然整備の行き届いていない車はその検査には通りません。
すると、自分で整備をしたりまたは業者さんに整備をお願いするということになると思いますが、車検も二度手間になってしまいます。

また、車検場に実際に行ったことのある方は分かると思いますが、車検場には車検を依頼された業者の方も多くいらっしゃいます。

そういった場所であまりに整備を怠った車を持っていってしまうと、結果として業者さんに限らず多くの人に迷惑を掛けてしまうということになります。

ユーザー車検を考える場合は、最低限車検でどんなところがチェックされるのか、そしてそれらのチェックをしっかりクリアできるよう準備をしっかりするようにしましょう。

ユーザー車検の予約はこちら→ユーザー車検予約



このページの先頭へ