軽自動車の車検費用

軽自動車の排気量が上がり、まるで一般車のような広さを持つ軽自動車が売り出されてからというもの、非常に街中で軽自動車を見る機会が増えました。

ここ数年では車の車種別の売り上げを見てみると、もう何年間も上位は軽自動車が占めている状態です。

そん軽自動車が人気の理由のとして、もちろんコンパクトで運転しやすいなどの理由もありますが、やはり一番の理由と言えばそのコストパフォーマンスの良さでしょう。

ガソリン代、維持費などはもちろん当然その車検費用も一般車に比べると格段に安くなっています。

こんなに安い!?軽自動車の車検費用

一般車を所有していると、平均的な概算として車検費用は10万円近く掛かることになりますが、軽自動車の場合はどうでしょうか。

まず車検に必要な費用として、重量税・自賠責保険料・印紙代・リサイクル料金・車検料の五つがあります。

これらの内訳を見てみると。

  • 重量税 : 8,800円
  • 自賠責保険料 : 25,000円(2年間)
  • 印紙代 : 1,100円
  • リサイクル料金 : 車種によって変動(このサイトで調べることができます。)
  • 車検料 : 業者さんによって変動(およそ2万~3.5万程度)

上記の値段に整備などを同時に頼む場合はその整備代がプラスアルファとなります。

こうしてみるとやはり重量税の部分で一般車とは大きな値段の差があり、軽自動車の場合はほとんど半分以下の費用に抑えることができます。

2年に1度は必ず受けなければならない車検ですので、その度に軽自動車を所有している人は正しい買い物をしたと感じることができるかもしれませんね。



このページの先頭へ