車検証の紛失と再発行の方法

車検証とは必ず車を所有するならば車と一緒に保管されておくべきもので、要するに「この車は安全に道路を走行することができます。」という証明書のようなものです。

日本などでは車検のときなど以外にそこまで目にする機会というのは少ないのですが、欧米などではスピード違反などで警察に止められたときには必ずこの車検証の提示は求められ、それに違反するとそれなりの罰則がでてくることもあります。

日本ではそこまでのことはないにしても、欧米と同様非常に大事な書類であることに変わりはありませんので、きっちりダッシュボードの中などに常に保管しておくようにしましょう。

そんな大事な車検証ですが、あるとき止むを得ない理由で紛失してしまったという場合もあるかもしれません。

そういった時には絶対にその事態を軽く見ず、できるだけすぐに車検証の再発行の手続きをするようにしましょう。

【車検証の再発行の流れ】

用意するもの:申請書・手数料納付書・印鑑・(免許証、パスポートなどの)身分証明書

もし車の所有者以外の方が手続きを行う場合、上記の物以外に委任状と(紛失の)理由書というものが必要となってきます。

この中で申請書と手数料納付書は陸運局に備えてありますので、自らが用意する必要があるのは印鑑と身分証明書だけということになりますね。

この二つの物を持って事前に業務時間を調べて管轄の陸運局に出向きましょう。

後は規定の書類に記入をし(代行業者にお願いすることもできます。)受付を済ませ、そうした後でちょっと待つだけでその日のうちに車検証の再発行を受け取ることができます。

手続き自体はそこまで難しいことではありませんが、陸運局にわざわざ出向くというのは確かに手間ともなりますので、できるだけ車検証は紛失しないようにするというのがやはり一番ですね。



このページの先頭へ