車検切れの罰則と罰金

うっかりしていても、うっかりしていなかったとしても車検の期限が切れてしまういわゆる車検切れという事態は起こりえます。

車検切れになった車は運転をしない限りはその罰則や罰金などはありませんが、その反面ちょっとでも運転してしまいそれが見つかるとしっかりとした罰則と罰金が発生します。

ここで車検切れに関する法律を見てみると、

自動車は,この法律に定めるところにより,国土交通大臣の行う検査を受け,有効な自動車検査証の交付を受けているものでなければ運行してはならない。 (6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金)

そして

自動車は,この法律で定める自動車損害賠償責任保険又は自動車損害賠償責任共済の契約が締結されているものでなければ、運行してはならない。(1年以下の懲役または50万円以下の罰金)

と、この2つの法律が車検切れには適用されることになります。

車検切れの車で運転をして見つかった場合は、逮捕されることはないようですが普通の事件として捜査され、裁判を経た後に有罪が確定されることになります。

そして他に余罪がない場合は、30万円~50万円の罰金を科されることが多くなっているようです。

車検切れの車を車検場に運転するような場合でも、この法律は適用されますので注意が必要です。

また、これらの罰金の他にも、それぞれの罰則で運転免許の点数も減点されることになります。

それぞれの罰則で6点づつの減点。

それまでに違反がなかった場合は免許停止の処分となりますが、もしあった場合は免許取り消しになるということですね。

車検切れの車は運転しないことはもちろん、また車検を受けるときに余計な出費がかさむことにもなりますので、できるのであればしっかりと期限内に車検は済ませるようにしましょう。



このページの先頭へ