車検での必要書類

車検時に用意しなければならない書類は以下の通りになります。

  • 車検証
  • 納税証明書
  • 自賠責保険証
  • 認印
  • 費用

これらの中でも「車検証」「自賠責保険証」などは前回の車検時に受け取っているものですので、ダッシュボードの中にそのまま入れている方がほとんどだと思います。

意外と紛失してしまいがちなものが「納税証明書」ですので、自動車税を支払ったときには必ずその証明書は保管しておくようにしましょう。

なお、この「納税証明書」は領収書ではなく、「継続検査用」と書かれたものが必要となってきますので、間違いのないようにしてください。

必要書類を紛失したときの対処法

どんなに気をつけていたとしても人間ですから、大事な書類であってもそれらを見失ってしまうということはよくあることです。

ここでは車検での必要書類を万が一紛失してしまった場合においての対処法をご紹介しておきます。

【車検証を紛失した場合】

車検証を紛失した場合は自分の車のナンバープレートが登録してある陸運局で再発行することができます。

その際に必要な書類は陸運局にて手に入れることができますが、その他にも免許証、認印、あとは車のナンバーをしっかり覚えて置くようにします。

また代行業者によってはこの車検証の紛失のことを伝えると、車検証の再発行も代行してくれるところもあるようですので、事前に問い合わせをしてみましょう。


【自賠責保険証を紛失した場合】

自賠責保険証を紛失した場合は契約をしている保険会社に連絡を取り再発行の手続きをとることとなります。

もしも契約している保険会社の名前が分からない場合は、前回車検を受けた業者さんに連絡をして調べてもらうことができます。

再発行にかかる費用は無料です。


【納税証明書を紛失した場合】

納税証明書を紛失した場合には県税事務所でその再発行をお願いすることができます。

こちらも車検の業者さんによっては再発行の手続きを代わりに行ってくれるところもありますので、事前に問い合わせをしてみましょう。



このページの先頭へ