車検費用と走行距離の関係

中古車を購入したり、自分の車を何年も乗っていたりすると自然と重なってくるのが走行距離です。

この走行距離が5万キロ10万キロとなってくればくるほど車検の費用も上がってくるのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、いくら走行距離が上がっても車検費用の中の法定費用である重量税などは変わることはありません。

つまり何キロ車が走行していたとしても車検費用そのものは上がることはないということです。

しかし車も消耗品ですので、長距離走っていると段々と傷んでくる部品が出てきます。

車検のときに整備も同時に行うところも多くなっていますので、5万キロ程度走行距離があるとすると、やはりある程度の出費は車検の整備の際にはかかることを覚悟した方が良いでしょう。

当然お願いすれば整備をせずに車検だけをやってくれるところもありますので、そういった場合には車検費用は変わりません。

しかし消耗品が欠落すると当然思わぬ事故が起こる可能性も高くなりますので、車検を良い機会と考え、色々と整備をしてもらった方が良いということは間違いありません。



このページの先頭へ