軽自動車のユーザー車検

軽自動車というだけで普通自動車と比べて維持費などが安く済むなどの利点が多くありますが、車検に関してもその例外ではありません。

車検費用が普通車と比べて安いのはもちろん、そのユーザー車検の場合には掛かる手間も大幅に軽減されます。

これはもちろんテストにパスできることが簡単だということではなく、車検の前の準備や実際に車検場で行うテストで掛かる手間が普通車と比べると非常に楽であるということですが、それでもしっかり車の整備や書類の準備をしておけば、意外と簡単に済ますことができるものだと言うことができると思います。

車が好きな方にとっては数万円を安くすることができ、尚且つ手間もそこまで掛からないということで非常に魅力的なものとして考えられるのではないでしょうか。

「車検って何だか難しそう…。」

そう考えている方も、車検費用を節約したいのであれば是非一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

軽自動車のユーザー車検費用

軽自動車のユーザー車検を行った場合に掛かる費用は次の通りになります。

  • 自賠責保険料 : 22,540円 (こちらは車検場で更新可)
  • 重量税 : 8,800円
  • 検査手数料 : 1,400円

合計 : 32,740円

ユーザー車検ではなく、業者さんに車検を委託した場合は上記の費用に更に代行料として1万5千円から3万円程度の費用が掛かることになります。

代行料として掛かる費用を、どうしても手間が掛かってしまうユーザー車検の手間代として安く捕らえるか、高く捕らえるか。

自分自身で折り合いをつけてこのどちらかを選べば良いのではないでしょうか。(ちなみに私は一度ユーザー車検を行い、それからは業者さんにお願いするようになりました。。)

軽自動車のユーザー車検予約

軽自動車のユーザー車検の予約は電話ですることができます。

予約自体は非常に簡単に済ますことができますが注意していただきたいのが、軽自動車の場合は普通車と予約する場所が違うということです。

また、4月などは非常に車検場も込み合うため、なるべくこういった月を避けるようにし、予約状況などを確認しながらなるべく空いている日を選ぶことですんなり車検を済ますこともできます。

自分自身の都合と車検場の込み具合を見て、上手い具合に車検を済ますようにしましょう。

軽自動車検査教会のホームページ



このページの先頭へ