外車の車検費用は高い?

いつかはベンツやBMWのような外車を…

なんて夢を持っている方も多いと思いますが、一般的にそういった外車は購入するときの費用だけでなく、車検費用などの維持費も高くなると言われていますがそれは本当でしょうか。

もしかしたらちょっと無理をしてでも頑張って貯金をして、こういった外車を購入しようと考えている方も多いかもしれませんが、車などは当然買った後も色々な出費がありますので、後々後悔しないためにもこういったことは事前にある程度知っておいた方が良いでしょう。

そこで車検の費用に絞ってここでは見てみますが、まずは重量税や自賠責保険などの法定費用は国産車と変わりはありません。

ですのでいくら外車とは言え、税金や保険が高くなるということはまずはないということです。

しかし車検の場合これらの法定費用以外に点検整備費が掛かることが多くなっていますので、ここで国産車と差がつくことが多くなっています。

車種によっては部品を海外から取り寄せたり、また構造上消耗が激しいつくりになっていたりする場合がありますので、こういった場合には当然同じクラスの国産車と比べてもその費用は高くなります。

私の経験からいくと、まず外車という時点でこの整備の費用はかなり上がると考えて間違いないと思います。

もちろんこれは外車の種類によっても変わってきますが、国産車と比べるとある外車の方が維持費は安くあがるなんて話は聞いた事もありませんので、平均にするとこれはほぼ間違いないのではないでしょうか。

確かに外車はあるステータスとなり、憧れる気持ちは私自身非常に強くもっていますが、こういった車検費用などの維持費も考え、身の丈にあった選択をするのが一番良いのだとも思います。



このページの先頭へ