自動車の車検費用の相場と内訳

車検は場合によっては簡単な整備を行いますので、その車によってその費用も大きく変わってきます。(この整備の全てが法律で受けなければならないものだとされているわけではありません。)

しかし、車検費用には重量税など皆が皆平等に支払わなければならないものもあり、これらの費用は車の種類や年式によって多少の違いはあれどそこまで大きくは変わりません。

逆に言うとどんなに車検費用を安くしようと思っても、これらの費用だけは絶対に支払わなければならないということになります。

ですので、これから説明する必ず支払わなければならない車検費用を最低限のものとし、そのプラスアルファの部分での節約を試みてはいかがでしょうか。

車検費用の内訳:重量税

車検費用の中でも大きな比重を占める重量税ですが、この重量税は所有している車の重量によって変わってきます。

この車両重量は車検証に載っているので、すぐに確認することができますが、その際には車両総重量と勘違いしないように注意してください。

しつこいようですが、一般車両の場合は、車両総重量ではなく車両重量によって、重量税の値段が決まってきます。

【重量税の値段(2年間有効)】

  • 0.5t以下 : 12,600円
  • ~1.0t : 25,200円
  • ~1.5t : 37,800円
  • ~2.0t : 50,400円
  • ~2.5t : 63,000円
  • ~3.0t : 75,600円

その他の車検費用の内訳

重量税の他に必要な費用としては

  • 自賠責保険料(2年間) : 29,780円
  • 継続検査手数料 : 1,000円~1500円
  • リサイクル料金 : 6,000円~10,000円程度

が掛かることとなります。

重量税によりますが、それでもやはり7,8万は掛かるという計算になります。

また、車検を業者さんに頼んだ場合この金額に3,4万円程度上乗せされることになりますが、その値段や名目も様々なものになっています。

やはりちょっと高いですよね。


このページの先頭へ